964カレラ
DSCF4284-640
点検をすると、ドライブシャフトブーツが切れて、グリスが漏れていました。

正常な状態ですとブーツ内は密閉されていますので、グリスの量は減りません。今回のように、亀裂が入り、潤滑の為のグリスが減ると、金属部品の磨耗が起こり、駆動部にガタが発生します。

DSCF4291-640
今回、ドライブシャフト駆動部のガタのチェックをすると問題ありませんでした。

早期発見により、ドライブシャフトの交換にならず、破れてしまったブーツの交換で済みます。



DSCF4292-640
シャフトにしっかり入っている為、工具を使わないと写真中心部のパーツは抜けません。シャフトにガタがない証拠でもあります。

使用する工具は、ベアリングプーラー。左側のボルトを回していくと、抜けるようになります。


DSCF4299-640
古いグリスをとり、洗浄しました。
これから、ブーツを交換し、新しいグリスと共に、組付します。

ボールが6個転がっていますが、駆動部の負荷を減らすための構造です。ベアリングのような役割です。専門的には、等速ジョイントと呼ばれています。

(組付画像は、今回撮れませんでした。次回撮影します。)